車を妻のように大事に扱いましょう。

車を妻のように大事に扱いましょう。

車は妻だ。
何より妻には望ましい洋服を着てください。
ということで、席包含は自分の好みであり、ユーザーに見せても恥ずかしくないものをつけよう。
そうしたら芳香。

車を妻のように大事に扱いましょう。

交際たての妻からは、新車独特の、それとなく違った匂いがする。
自己流の芳香をつけて吊り上げるのだ。
他にも、重苦しくならない水準に、ノブ包含を押し付けたり、ぬいぐるみを入れたりシールを貼ったり、自分の好みの女房に仕上げていこう。
さて。スタイルが自分の満足する車になったら。
次はデートにで出かけよう。
どこでもいい。あんな眩しい妻というなら、どこに行ってもうれしいはずだ。
渋滞だって、車内を見渡せば不愉快にはならないはずだ。
また、同僚にも自慢したくなり、外出する機会がかかるだろう。

 

車は妻だ。女房は誰だって小奇麗好みだ。
今までの謝礼を込めて、月1ぐらいで磨いてあげよう。
妻だと思えば保守だって屁の河童だろう。
また、たまにはサロンにも連れて行ってあげよう。
最近のガソリンスタンドではワンコインで洗車ができる。

 

そうして、あなたはまた、綺麗になった妻を誰かに紹介したくなるのだ。