車買取査定 下取りの違い

車の買い取りと下取りの違いは?

良く車を買い替える際に”下取りに出す”という事を聞くと思いますが、この下取りと当サイトがオススメしている一括車買取ではどの様な違いが有るのでしょうか?

車買取査定,基礎知識,下取り

車を買い替える際に損をしないためにも覚えておきたい項目です。

 

まずは簡単に下取りから説明したいと思います。

 

下取りとは?

 

車を買い替える際に今乗っている車を新しく買う車を売っている販売店に買い取ってもらうことが下取りとなります。

 

要は買取なのですが、車を買う前提で引き取ってもらうような形になるので金額的には低い傾向が有ります。

 

メリットとして、車を納車する際に今の車を引き取ってもらうので面倒が少ないという事が有ります。

 

その面倒が少ないという事と、値引きと下取り額を混合しやすいのでお得感が得られやすい為下取りに出す方が多いのです。

 

買取査定とは?

 

下取りと違い、車自体を買い取ってもらえるサービスです。

 

主に買取専門でやっている業者となります。

 

買取が主な仕事ですので、買い取った車を売りに出すルートを多数持っている事が強みとなります。

 

買い取った車を売ることで利益を得るため、車を買い取らないと商売になりません。

 

そこで買い取った車を売れるルートから割り出した価格いっぱいで買い取るため高く売れる傾向が有ります。

 

メリットとしてはどの様な車も買い取ってもらえる可能性が有る事と、自宅にいても買取査定に来てもらえる業者が多いです。

 

一円でも高く売りたいなら一括車買取査定をおすすめします。

 

車買取査定,基礎知識,下取り

 

 

トップへ戻る